平均会社員の子育てと投資レポート

【負けない投資戦略】9月の波乱相場に備える

【負けない投資戦略】9月の波乱相場に備える

f:id:gritman:20210921230635j:plain

gritman.hatenablog.com

 

 

先週の金曜日に中国恒大のデフォルトリスクを配慮して、日本株を売却しました
結果、予想通り暴落
織り込み済みとはいえ、残った日本株はマイナス推移しています
中長期的にはプラス推移すると思っていますが、マイナス推移を投資家は嫌いますね
中国はデフォルトしていませんが、日本株を売却したことで預金をどう配分するかを考えてみました

9月の波乱相場の引けのタイミング

まずは出口戦略について考えてみました

 

2021年9月21日:S&P500:4,357.64$を基準として考えた場合

 

暴落20%:3486.11$

暴落30%:3050.35$

暴落40%:2614.58$

 

暴落40%となると色々な人が市場から退場しそうな数値になります

今は現金比率を多めにしていますが、サラリーマン投資家にとって恐怖しかないですね


暴落30%前後の数値を常に意識して3200~3000$付近が現実的な買付のタイミングにしたいと思っています

 

平凡なサラリーマン投資家では、暴落に対してある程度、頭の中で想像しておかないとすぐに買い付けることができない気がします

 

こういうシミュレーションは常に行っておく必要がありますね

 

GMOコイン【法人口座】

もし波乱相場で購入する銘柄はETF中心に考えています

相場が暴落したら、ETFを中心に購入しようと思っています

 

上場投資信託(日本)2558(S&P500):30万円

高配当ETF:SPYD:10万円、VYM:5万円

連続増配ETF VIG:15万円

 

資産と相談すると、このあたりが無難な気がします
SPYDはおそらくVYMより大幅に値下がりすると予想しています
買うタイミングとしてはSPYDを多めにしようと考えています

おわりに

勝手な想像力を働かせながら中長期で暴落シミュレーションで投資を考えてみました
コロナショックで買い付けを経験しましたが、暴落時に動くことはストレスが凄まじいです
敵軍に一人で突っ込むくらい勇気が必要です
怖がりな性格なので、手が震えました

そのため常に暴落リスクを考えて現金比率を上げる
必要な時に勝負できるように心構えを作っておく
そしてインデックス投資にこれまで通り投資していきたいと思います

 

メインの証券口座はSBI証券を利用しています

SBI証券[旧イー・トレード証券]

LINE証券の口座を利用しています

LINE証券

応援よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ